2004年10月07日

アカウントアグリゲーション

アカウントアグリゲーションとは、複数のアカウント(口座のこと)情報(銀行、証券、クレジットカード等の各口座)を一つの画面上にアグリゲーション(統合のこと)して表示するサービスで、利用者はそれぞれの口座に対応する複数のIDとパスワードを入力する手間から開放され、1組のIDとパスワードで全ての口座の管理を行える利便性の高いサービスのこと。

複数の金融機関を利用している人にとっては便利なサービスと言える。
しかし、残念ながら、各サービスで統合できる金融機関が決まっており、全ての金融機関の情報を統合することは出来ない。

ところで、アグリゲーションサービスの方式であるが、次の2つがある。

1.サーバー方式
アグリゲーターと言われるベンダーが利用者のユーザーIDとパスワードを預かる形で銀行や証券会社のサービスにログインして情報を収集する方式。
このサーバー方式ではサービス利用者の口座情報がインターネットを通じてアグリゲーターのサーバー内に蓄積されることになるため、利用者はサービスを利用するにあたって自分の口座情報を第三者(アグリゲーター)に委ねることになる。
この方式は、ぷららネットワーク、電通国際情報サービス、NTTデータ、野村総合研究所などが提供している。

2.クライアント方式
利用者のPCの中に個人情報を蓄積し、利用者が自分の口座情報を第三者(アグリゲーター)に委ねることなく情報を収集する方式。
この方式は、TechTank、fingerなどが提供している。

現状利用しているのは、自分の口座情報を第三者(アグリゲーター)に委ねることがないクライアント方式のアグリゲーションサービス、TechTankの「MoneyLook」及び「SEASON PASS」である。
「MoneyLook」及び「SEASON PASS」は、TechTankが提供しているため、ほとんど同じである。では、何故利用しているかというと、アグリゲーション出来るサイトが若干異なるからだ。
【関連する記事】
posted by 月の風 at 22:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/760404

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。